iPhoneを充電ケーブルで接続してもPCで認識しないときは?

iPhoneとPCをUSB充電ケーブルで繋いでも、PCがiPhoneを認識せず、困った時の対処法について解説します。

通常は、iPhoneをWindowsパソコンとUSBケーブル(Lightning - USB ケーブル、またはUSB充電ケーブル)で接続すると、通常はパソコンからドライブとして認識されます。

ただ、これが時に上手く認識されなくなることがあるので困ったもの。。。

そんなときは以下の手順で設定すると、再び認識される場合があるので試してみましょう。

iPhoneを充電ケーブルで接続してもPCで認識しないときの事前チェック

まず、こちらの対処法を試してみて下さい。

  1. USB充電ケーブルの接続を再確認してみる
  2. USB充電ケーブルをApple製の純正ケーブルにしてみる
  3. USB充電ケーブルが断絶していないか確認する
  4. USB充電ケーブルでiPhoneをPCに接続して、少し待つ
  5. iTunesを削除してみる

USB充電ケーブルでiPhoneをPCに接続しても、すぐには認識してくれないのが普通なので、1~2分は待つようにして下さい。

充電ケーブル
Apple純正充電ケーブル

上記の方法で、PCがiPhoneを認識しない場合は、USB充電ケーブルの故障かもしれません。

 

充電ケーブルの寿命について、さらに詳しく解説しています。

【参考】iPhoneの充電ケーブルが寿命?充電できなくなる原因は?

関連記事

iPhoneの充電ケーブルが接触悪くなって、認識できなくなったり、充電できなくなったりしてしませんか?   充電したいのに接続しても反応がないときってどうしたらいいかわかりませんよね。   そこで[…]

iPhoneの充電ケーブルが寿命?充電できなくなる原因は?

 

 

また、Apple製品と相性が良くておすすめなのが、Apple製の純正充電ケーブルです。

Amazonで見る ⇒ Apple Lightning - USBケーブル (0.5 m)

Amazonで見る ⇒ Apple Lightning - USBケーブル(1 m)

このUSB 2.0ケーブルを使えば、Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodをコンピュータのUSBポートにつないでシンクや充電を行えます。 Apple USB電源アダプタにつなげば、コンセントから充電することもできます。

 

充電ケーブル以外のトラブルで、これらの方法を試してみても、認識されない場合は、下記の手順でドライバを再インストールしてみると良いでしょう。

iPhoneをパソコンに接続しても認識されない場合(Windows)はドライバを削除し、再インストールする

ケーブルを使ってiPhoneとパソコンを接続したところ、iTunesでは認識されているのにパソコンのデバイスとしてはされていないことがあります。

その場合は、ドライバ削除の手順を試してください。

 

デバイスマネージャーを使って、USBドライバを削除、再インストールしてみると、認識されることがあります。

[デバイスマネージャー]を開く

まずパソコンでファイルを開きます。(何のファイルでもOK)

[コンピューターの管理]を表示

この画像のように、フォルダの左サイドバーに、PCが表示されていますか?

HEIC形式の画像をJPG形式でPCに移動、保存する方法

[デバイスマネージャー]を開く:[コンピューターの管理]を表示

PCにカーソルを合わせて、左クリック>[管理]を選択する。


[デバイスマネージャー]を開く
[デバイスマネージャー]を開く

[デバイスマネージャー]を開くと、リストが表示されます。

スタートボタンを右クリックしてもOK!

また、スタートメニューから[デバイスマネージャー]を開くこともできます。

スタートボタンを右クリックしてもOK!

上記以外では、Windows 8.1以降のパソコンは、画面左下のスタートボタンを右クリックして表示して 、[デバイスマネージャー]開くこともできます

[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]をクリック

[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]をクリック
[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]をクリック

 

[ユニバーサル シリアル バス デバイスコントローラー]を左クリックすると、開いて、USB接続されているデバイスがずらりと出てきます。

もし正常にiPhoneが認識されていれば

正常にiPhoneが認識されていれば、[ユニバーサル シリアル バス デバイスコントローラー]のすぐ下に [ ユニバーサルシリアルデバイス ]が下記のように、表示されます。

そして[Apple Mobile Device USB Composite Device]または[Apple Mobile Device USB Device]が出てきます。

もし正常にiPhoneが認識されていれば
もし正常にiPhoneが認識されていれば『ユニバーサルシリアルバスデバイス』が表示
もし正常にiPhoneが認識されていれば
デバイスマネージャー:ユニバーサルシリアルバスデバイスが二種類表示されています

デバイスマネージャー:Apple Mobile Device USB Driver
デバイスマネージャー:Apple Mobile Device USB Driver

または、左の画像のように、 [ユニバーサル シリアル バス デバイスコントローラー] 内に、[Apple Mobile Device USB Driver]が表示されます

認識していると、[Apple iPhone][Internal Storage]と表示される

正常にiPhoneが認識されていれば、この画像のように、[Apple iPhone]と表示され、[Internal Storage]と表示されています

認識していると、[Apple iPhone]・[Internal Storage]と表示される
認識していると、[Apple iPhone]・[Internal Storage]と表示される

Apple Mobile Device USB Driverを削除する

Apple Mobile Device USB Driverを削除する
Apple Mobile Device USB Driverを削除する

Apple Mobile Device USB Deviceを右クリックし、[デバイスのアンインストール]を選択します


ウィンドウが出てきますが、そのまま[アンインストール]を選びます

 

ウィンドウが出てきますが、そのまま[アンインストール]を選びます
ウィンドウが出てきますが、そのまま[アンインストール]を選びます

これで、無事アンインストールできました。

もし上の手順で上手くいかなかった時は・・・

デバイスを削除する

[ポータブルデバイス]内に表示されている[Apple iPhone]を右クリック

 

[ポータブルデバイス]内に表示されている[Apple iPhone]を右クリック
[ポータブルデバイス]内に表示されている[Apple iPhone]を右クリック

[デバイスのアンインストール]を選択


[アンインストール]を選択

[アンインストール]を選択
[アンインストール]を選択

これで、デバイスをアンインストールできました。

デバイスを再スキャンする

[ポータブルデバイス]を右クリックして、[ハードウェア変更のスキャン]を選択する

 

デバイスを再スキャンする
デバイスを再スキャンする

スキャンが始まりました

デバイスマネージャー
デバイスマネージャー

iPhoneが検出された

 

正常にドライバーがインストールされました
正常にドライバーがインストールされました
正常にドライバーがインストールされ、iPhoneが検出されました。

[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]を右クリックして、ハードウェア変更のスキャン

[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]を右クリックして、ハードウェア変更のスキャンします。

 

[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]を右クリックして、ハードウェア変更のスキャン
[ユニバーサル シリアル バス コントローラー]を右クリックして、ハードウェア変更のスキャン

[デバイスマネージャーがスキャンしています]と表示されます

 

[デバイスマネージャーがスキャンしています]と表示されます
[デバイスマネージャーがスキャンしています]と表示

[Apple Mobile Divice USB Driver]が再び表示されました。

 

[Apple Mobile Divice USB Driver]が再び表示されました。
[Apple Mobile Divice USB Driver]が再び表示されました。

まだPCにiPhoneが認識されない場合は、充電ケーブルの寿命かも

もし、認識されない場合は、充電ケーブルの寿命かもしれません。

充電ケーブルは、コネクタ部分が断線しやすいので、定期的に交換が必要になります。

 

寿命の長いiPhoneライトニング充電ケーブルについて、さらに詳しく解説しています。

【参考】 寿命が長いiphone充電ケーブル 『オウルテック・2年保証 超タフ 充電ケーブル』レビュー

関連記事

iPhoneを充電する時に、必ず必要なのが、充電ケーブル。   ところが、Apple純正のiPhone充電ケーブルは、長く使っていると、接続が悪くなってきます。 消耗品として、1年に数回買い替えが必要になってきま[…]

iPhone充電ケーブル・寿命が長い『オウルテック・2年保証 超タフ 充電ケーブル』レビュー

最終的な方法としてーPCの初期化

最後の最後の方法として、『使用中のWindowsパソコンを初期化する』方法もあります。

  • 充電ケーブルを変える
  • 充電ケーブルの抜き差し
  • iTunesの削除、再インストール
  • ドライバの削除、再インストール

私の場合、上記の方法を全て試してみても、全然PCでiPhoneを認識できなかったので、Windowsパソコンを初期化しました。

 

2019年4月に購入したばかりのDell製Windowsパソコンで、一ヶ月ほど使用していましたが、初期化してもさほど困らない状況でした。

初期化してからは、以前の認識エラーのトラブルも全くなくなりました。

 

ただ、初期化は最終手段として、やるのが良いかと思います。

 

おなじように、初期化したからといって、必ずしも認識エラーが起こらなくなるという確証も保証もないので、自己責任で行うようにして下さい。

iPhoneを充電ケーブルで接続してもPCで認識しないときは?:まとめ

ここまでの手順で、無事にiPhoneが認識されましたか?

これらの手順でうまくいかない場合は、iPhone充電ケーブルを買い替えると認識されることが多いです。

特に、Apple純正iPhone充電ケーブルやMFi認定のiPhone充電ケーブルがおすすめ。

【参考】 おすすめiPhone充電ケーブル・Amazonランキングベスト⑤

関連記事

iPhoneの充電ケーブル切れましたか? 認識しなくなりましたか? 長く使っていると断絶したり、認識しなくなったりしますよね。   Amazonや楽天で、iPhoneの充電ケーブルがたくさん売られていますが[…]

おすすめiPhone充電ケーブル・Amazonランキングベスト⑤

参考

iPhoneを充電ケーブルで接続してもPCで認識しないときは?
最新情報をチェックしよう!