充電ケーブル保護を自作でやってみよう!家にあるもので充電ケーブルを保護できる

充電ケーブル保護を自作でできたらいいですね。

充電ケーブルってすぐ壊れちゃったり、反応しなくなったりします。

壊れて使えなくなってしまう前に、手軽に充電ケーブル保護を自作でやってみましょう。

とくに、家にあるものを使ったり、または、100均で手軽に手に入るツールを使うだけなので、とても簡単に充電ケーブル保護を自作でできます。

充電ケーブル保護を自作でやってみよう!家にあるもので充電ケーブルを保護できる

自作でできる充電ケーブル保護の方法はこちら⇩

  • マスキングテープで保護する
  • ボールペンのバネで保護する
  • 100均でケーブルガードを買う

家にあるもので簡単にできる、100均でツールを買うだけで簡単にできる、方法を集めてみました。

充電ケーブル保護を自作:マスキングテープ

充電ケーブル保護を自作でやってみよう
充電ケーブルをマスキングテープで保護する

携帯用充電器のライトニングケーブルを、マスキングテープで保護しています。

1分もかからないほど簡単な保護方法ですが、1年以上使用していて、充電ケーブルは未だに健在です。

充電ケーブル保護を自作:ボールペンのバネ

充電ケーブル保護を自作でやってみよう
『ボールペンのバネでiPhone充電ケーブルを補強する』が出来ない理由

おそらく『ボールペンのバネでiPhone充電ケーブルを補強する』はすごく良い方法なんだと思います。

ですが、未だ実践できてない理由が、『バネを取るとボールペンが使用できなくなる』という点です。

 

もう使用できなくなって、捨てる前提のボールペンなら良いですが、使用可能なボールペンを無駄にしてまで、バネを取る行為は未だできていません。

100均などのお店で組セットで売られているボールペンなら安価で試してみても良いかもしれませんね。

充電ケーブル保護を自作:100均でケーブルガードを買う

充電ケーブル保護を自作でやってみよう

iPhone充電ケーブルにつけるケーブルガードをセリアで購入してみました!⇩

これでケーブルが壊れにくくなったと思います、100円の投資なので安いですよね。

【参考】 iPhone充電ケーブルがすぐ壊れる!100均保護カバー付けてみた

充電ケーブルを長持ちするコツ

充電ケーブルを長持ちするために心掛けたいことはこちら⇩

  • ケーブルを引っ張って抜かない
  • ケーブルをねじらない
  • 端子部分に触らない

ケーブルの根元部分が虚弱なので、あまり触らないように気をつけましょう。

充電ケーブル保護を自作でやる方法のまとめ

充電ケーブル保護を自作でやることは、思ったより簡単です。

最近では、100均でもお役立ちツールがたくさん売られていて、簡単に保護ツールを手に入れられます。

ノーブランドのiPhone充電ケーブルは1本300~400円、反面、Apple純正のiPhone充電ケーブルは、約2,000円。

ノーブランドのiPhone充電ケーブル ⇒ 約300~400円Apple純正のiPhone充電ケーブル ⇒ 約2,000円

そんなに何度も買い替えるとしたら、結構な出費になってしまいますよね。

お手軽に自分で充電ケーブル保護できれば、節約になりますね。

 

保護していてもiPhone充電ケーブルの反応が悪くなった時は、もう買い替えの時期かもしれません。

 

人気のライトニング充電ケーブルを詳しく紹介しています。

人気の高いiPhone充電ケーブルは、Amazonの評価をじっくり読めるので失敗が少ないです。

【関連記事】

>> おすすめiPhone充電ケーブル・Amazonランキングベスト⑤

iPhone充電ケーブルのトラブル対処法

充電ケーブル保護を自作でやってみよう!家にあるもので充電ケーブルを保護できる
最新情報をチェックしよう!