iPhoneからPCにファイル転送!USB充電ケーブルで接続し、ファイル転送、写真やビデオをPCに保存する方法

iPhoneの容量って意外と、すぐにiPhoneの容量が不足になりますよね。

『もう写真もビデオも取られない~!!』って困ったことになったことはありませんか?

特に、出先でPCに繋げられない時になどは、困ってしまいますよね?

 

そこで、定期的に、iPhone内の写真、ビデオを、お手持ちのPC(WindowsやMAC)に保存されることをおすすめします。

 

最低、1カ月に一度、または1週間に一度は、 iPhone内の写真、ビデオを、お手持ちのPC にファイル転送しておいた方が良いでしょう。

このページでは、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続し、写真やビデオを転送し保存する方法を、画像付きで解説しています。

iPhoneからPCにファイル転送するためにUSB充電ケーブルで接続しましょう

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法
USBケーブルでiPhoneとPCを繋ぐ

APPLE社の純正USBケーブル、または他社のUSBケーブルを使って、PCとiPhoneを接続します。

USBケーブルで正常にiPhoneがPCに認識されていると「Internal Storage」が表示される

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法
正常にiPhoneが認識されている状態

正常にiPhoneが認識されていると、この画像のように、[Apple iPhone]と表示され、[Internal Storage]と表示されています

[Internal Storage]をクリックして、中身を見てみます

正常に認識していない場合はこちらを参考にして下さい⇩

[Internal Storage]をクリック

[DCIM]というフォルダが入っています

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法

さらに、[DCIM] フォルダをクリックする

iPhone内のフォルダには 約1000枚の画像、ビデオファイルが時系列で保存

[数字APPLE]と書かれたフォルダがたくさん入っています

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法

この中に、iPhone内で保存されている画像とビデオが入っています

一つのフォルダに約1000枚の画像、ビデオファイルが時系列で保存されています

iPhoneのフォルダ内に格納された画像、ビデオファイルは自動割り振り

100APPLEのフォルダ内に格納された画像ファイルです。

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法

IMG_0001.JPG
IMG_0002.JPG
といった感じに、自動で番号が割り振られています

保存先のローカルフォルダを開く

あらかじめ、フォルダを開いて、保存先のフォルダを確認しておきましょう

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法

お手持ちのPC(Windows、またはMAC)のローカルフォルダを開きます

ここでは、
PC>ピクチャ>iPhone

画像、ビデオファイルを外付けハードドライブに保存することも可能です。

二つのフォルダを同時に表示しておくと便利

保存したいファイル( 画像またはビデオ )を確認しておきます

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法

選択、ドラッグでローカルフォルダにコピー

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法

保存したいファイル( 画像またはビデオ )を選択し、ローカルフォルダにドラッグします

複数選択する場合は、Ctrlを押しながら、マウスのカーソルでファイルをクリックします

写真の転送先はどれが良い?

写真の転送先は、いろんな種類があり、機能も価格も容量もそれぞれに違います。

一番上から、おすすめな写真転送先です。

⇩この記事で紹介している方法です
  1. 外付けハードドライブ
    ー価格高め、容量多め、USB接続で写真転送。
  2. クラウド機能のついた外付けハードドライブ
    価格高め、容量多め、USB接続の必要なし、Wifiで写真を転送できる
  3. SDカード
    ー価格低め、容量少なめ、PCで転送するにはSDカードスロット付きのPC、またはスロットを外付けする必要がある
  4. USBスティック
    ー価格低め、容量少なめ、PCで転送する際は、USB接続が必要になる
  5. オンラインクラウド
    ー価格高め、容量少なめ、スマホのデータ送信やWifi経由でオンラインに写真転送できる。無料のオンラインクラウドが主流だが、容量制限があり、制限以上の容量を使いたい場合は、月額費用が必要になってくる。
  6. DVD-R(RW)
    ーPCのDVDバーナー(PC内蔵のDVDバーナー、または外付けバーナー)でDVD-R(RW)を焼く作業が必要になる。価格低め、容量少なめ。
  7. CD-R(RW)
    ーPCのCDバーナー(PC内蔵のCDバーナー、または外付けバーナー)でCD-R(RW)を焼く作業が必要になる。価格低め、容量少なめ。CD-R(W)はDVD-R(RW)よりも容量が少ない。

『クラウド機能のついた外付けハードドライブ』も、主流になってきましたが、まだまだ価格が高めなので、私自身もまだ導入は出来ていません。

iPhoneの写真やビデオをUSBケーブルでPCにファイル転送して保存する方法のまとめ

いかがでしたか?

無事、ファイルは保存できましたか?

 

 

人気のライトニング充電ケーブルを詳しく紹介しています。

人気の高いiPhone充電ケーブルは、Amazonの評価をじっくり読めるので失敗が少ないです。

【関連記事】

>> おすすめiPhone充電ケーブル・Amazonランキングベスト⑤

iPhone充電ケーブルのトラブル対処法

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法
最新情報をチェックしよう!