人気キーワード

Qubiiでバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ

せっかくQubiiでスマホの写真をバックアップしようと思ってもバックアップできない時ってありませんか?

この記事ではQubiiでスマホの写真をバックアップできないときの対処法を細かく画像付きで解説しています。

Qubiiでスマホの写真をバックアップできないときの対処法

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ

 

Qubiiを使って感じたのが、意外と読み込みエラーが多くイライラしてしまうこと。

さっそくカスタマーサービスに連絡してみると、2点アドバイスをもらいました。

  1. エラーが繰り返し起こる場合は、メモリーカードをフォーマットしましょう
  2. 接続する時は、純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使用しましょう

①はすでにやっていたんだけど、②はやってなかったので、Qubiiに繋げるときは純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使ってみました。

すると読み込みエラーは改善しました!

Apple(アップル)
¥2,000 (2021/06/20 07:42:49時点 Amazon調べ-詳細)
このUSB 2.0ケーブルを使えば、Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodをコンピュータのUSBポートにつないでシンクや充電を行えます。 Apple USB電源アダプタにつなげば、コンセントから充電することもできます。
Apple(アップル)
¥2,111 (2021/06/20 15:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

再度読み込みエラーが復活することもなかったので、今では安心して使えています。

純正iPhone充電ケーブル、純正iPhone充電アダプタを使わないとNG、と覚えておきましょう!

 

ただし一度写真を保存したメモリーカードをフォーマットするのって勇気が要りますよね…

そこでQubiiのデメリットを3つ詳しく解説しています⇩

Qubiiのデメリットを3つ詳しく解説

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ

メリットばかりしか思いつかないんですが、商品というものは必ずデメリットも存在します。

そこで、実際にQubiiを使ってみて感じたQubiiのデメリットを詳しく紹介します。

  1. メモリーカードの読み込みエラーが多い
  2. エラーが多いと最悪リセットしなくちゃいけない
  3. Qubii単品だけでは使えない、初期投資に5000円以上かかる!
  4. Qubiiの種類がたくさん出てるのでどれを買えばいいかわからない

デメリット①メモリーカードの読み込みエラーが多い

メモリーカードの読み込みエラーが多いとかなりイライラしてしまいます。

せっかく保存しようと思ったときに、保存できなかったらイライラ…

使えると思ってたものが使えなかったら、ふつうにイライラしてしまいますよね。

しかも、QUBIIって結構お値段いくので、「また買い直す?」と考えると勇気が必要です…。

とはいえ、純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使えばOKなので、かならず使うようにしましょう。

デメリット②エラーが多いと最悪フォーマットしなくちゃいけない

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ

一旦ある程度保存したメモリーカードをリセットするには勇気が要ります…。

わたしは30,000枚以上あったので、約14時間かかって写真やビデオを保存できました。

それだけ時間かかったのに、リセットしなきゃいけないってかなり面倒。

だって、再度保存するときはまた14時間もかかるってことでしょ…。

人生の中の28時間をQubiiのために無駄遣いしてしまってる計算に。

 

とはいえ、Qubiiを保存するときは、単に接続を外す前に、アプリで「キャンセル」を押してから外すとOK!

「キャンセル」を押してから純正iPhone充電ケーブルなどの接続を外すと、接続していた時間に保存された写真やビデオはリセットされず、きちんと保存されてます。

結果、初回の保存で14時間かかった30,000枚もの写真やビデオは、数時間ごとに保存できました。

14時間ずっと継続して接続しなきゃいけないってわけではなかったんです…これ、後で気付いて愕然としました。

でも、このことがわかってよかった。

デメリット③Qubii単品だけでは使えない、初期投資に5,000円以上かかる!

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ

Qubii単品だけでは使えないので、マイクロSDカードを購入する必要があります。

単品だけで使えるのは、カードリーダーとUSBメモリーが一体型になっている商品です。

残念ながらQubiiは、ストレージがついているわけではないので、マイクロSDカードを購入する必要があります。

マイクロSDカードの相場(2021年4月現在、Amazon調べ)

マイクロSDカード 相場価格
32GB 628円~
64GB 1,060円~
128GB 2,190円~
256GB 3,669円~
512GB 3,998円~
1024GB 4,998円~

 

ちなみにわたしがQubii用に準備したのは256GBのマイクロSDカードで、約4,000円ほどでAmazonで購入しました。

愛用中のiPhoneは256GBなので、同じ容量の256GBのマイクロSDカードを選択。

iPhoneの容量より少ないマイクロSDカードにすると、iPhone内のすべてのデータを保存するときに、いくつもマイクロSDカードが必要です。

紛失に悩まされたくない、いくつもマイクロSDカードを保持して「あれ?これ何のデータが入ってるんだっけ?」と迷いたくないって方は、iPhoneの容量以上のマイクロSDカードにするのがおすすめです。

 

Qubii単体で4,000~8,000円ほどなので、マイクロSDカードも購入するとかなりの出費になります。

Qubii Qubii単体価格 Qubii&128GBのマイクロSDカード
同時に買うと…
Qubii&256GBのマイクロSDカード
同時に買うと…
Qubii 3,980円~ 6,170円~ 7,649円~
Qubii Pro 7,480円~ 9,670円~ 11,149円~
Qubii Duo 7,980円~ 10,170円~ 11,649円~

QubiiとマイクロSDカードを同時に買うと結構な出費です。

Qubiiは充電できるというポイントを無視するなら、外付けメモリースティックもいいです。

 

とはいえ、外付けハードドライブなどを購入して使うより全然便利です。

外付けハードドライブは256GB~12TBのものが主流ですが、現時点で1TBで6,000円で購入できます。

ちょっと前までは1TBで13,000円程度だったのを比べてみると、かなり購入しやすい価格帯になりました。

価格は安くなってきましたが、使い勝手がまだまだ不便。

 

外付けハードドライブに接続するには、PCとiPhoneを接続しなければいけません。

PCとiPhoneを接続するのが面倒なんですよね。

iPhone充電ケーブルはエラーが出たり、すぐに壊れるので、接続するのが面倒になってきます。

 

その点、Qubiiは手軽に写真やビデオが保存できます。

Qubiiを使うときも純正iPhone充電ケーブル、純正iPhone充電アダプタを使うんですが、純正iPhone充電ケーブルをPCに繋げるときほどエラーが多発しないので、意外にストレスが溜まりません。

デメリット④ Qubiiの種類がたくさん出てるのでどれを買えばいいかわからない

Qubiiっていろんな種類が出ていて、どれを買えばいいのかわからないんですよね。

そこで違いをかんたんにまとめてみました。

Qubii Qubii単体価格 特徴 おすすめな方
Qubii 5,480円~
  • シリーズの中で一番安価
  • iOS用(Apple製品)
  • USB2.0規格
  • メモリストレージ容量対応:最大2TB
  • 価格重視
  • 保存スピードが遅くても気にならない
  • SDカードロック機能がなくてもOK
Qubii Pro 7,480円~
  • iOS用(Apple製品)
  • USB3.1規格
  • メモリストレージ容量対応:最大2TB
  • 保存スピードが速い
  • SDカードロック機能がなくてもOK
Qubii Duo 7,980円~
  • iOS(Apple製品)・Android両用
  • USB3.1規格
  • SDカードロック機能
  • メモリストレージ容量対応:最大2TB
  • 保存スピードが速い
  • SDカードロック機能が欲しい

メモリーストレージの対応容量は変わらないので、容量が気になる方はメモリーカードで大きめの容量を買うといいですね。

※価格に変動がある場合があります。

Qubiiでバックアップできないときの対処法と4つのデメリットのまとめ

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ
Qubiiでバックアップできないときは、かならず純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使うとOKです。

 

Qubiiはデメリットも多いんですが、実際に使ってみてから感じたのは意外とストレスになっていない点です。

Qubiiのデメリット

  1. カード読み込みエラーが多い
  2. エラーが多いと最悪リセットしなくちゃいけない
  3. Qubii単品だけでは使えない、初期投資に5000円以上かかる!
  4. Qubiiの種類がたくさん出てるのでどれを買えばいいかわからない

一番いいなと思った点は、Qubiiで写真やビデオを保存しているという意識や意図もなく、充電するだけで勝手に保存されていくこと。

『iPhoneに写真やビデオが貯まってきたから、保存しなきゃ!』という強迫観念を意識しなくてもOKなのが気楽でいいです。

 

【関連】Maktar Qubii Duoの口コミ!充電しながら手軽にiPhone画像を自動バックアップ、楽しい思い出をいつまでも保存したい


当サイトで使っている順位チェックツール『GRC』

  • 順位チェックで収益化が促進!
  • SEO対策のプロも愛用
  • 月額413円(税込)から
  • ブログ収益がアップするヒント

\月額413円から。雑誌より安い!/検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC 1年契約でさらにお得なライセンスプラン

最新情報をチェックしよう!