人気キーワード

Qubii(キュービー)でバックアップできないものや接続できない時の対処法2つ!デメリット④つ

この記事ではQubii(キュービー)でスマホ写真をバックアップできない(認識しない)ときの対処法バックアップできるものできないもの、使ってみたデメリットを細かく画像付きで解説しています。

Qubiiでスマホ写真をバックアップしようとしてもバックアップできない時ってありますよね。

Qubiiでバックアップできない時の対処法2つを徹底解説していきます。

Qubii(キュービー)でスマホの写真をバックアップできない(認識しない)ときの対処法2つ

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ
Qubii専用バックアップアプリ

Qubiiを使って感じた不便な点は、意外と読み込みエラーが多く認識しなくて、バックアップできずにイライラしてしまうこと。

さっそくカスタマーサービスに連絡してみると、2点アドバイスをもらいました。

【バックアップするための対処法2つ】

  1. 読み込みエラーが繰り返し起こる場合は、メモリーカードをフォーマットしましょう
  2. 接続する時は、必ず純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使用しましょう

①はすでにやっていたんだけど、②はやってなかったので、Qubiiに繋げるときは純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使ってみました。

すると読み込みエラーは改善しました!

対処法①:メモリーカードをフォーマットする

一度Qubiiを使ってバックアップした画像をフォーマットする必要があります。

ただし一度バックアップした画像をフォーマットするというとかなり勇気が必要ですよね。

そのため、普段Qubiiに画像を保存していても、外付けハードドライブやオンラインストレージ(GoogleフォトやiCluod)などに保存し、2重、3重の備えをしておくと安心です。

 

【関連】iPhoneの容量を増やすおすすめ外付けハードドライブを紹介!外部ストレージでiPhoneの容量をカバーしよう

 

【関連】iPhoneの写真の外部保存はどれが良い?デジタルデータ外部保存の全て・ランキング9選

対処法②:必ずApple純正iPhone充電ケーブルとApple純正アダプタを使用

Qubiiのカスタマーサービスでは、Qubii接続時には、Apple純正iPhone充電ケーブルとApple純正アダプタの使用を推奨しています。

これはApple製品(iPhone/iPad)使用時に限ったことなので、アンドロイド使用の方は当てはまりません。

AmazonではApple純正iPhone充電ケーブルとApple純正アダプタがすぐに購入できるので、お急ぎの方はこちらからどうぞ⇩

Apple(アップル)
¥2,695 (2022/09/29 19:09:05時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにわたしも実際にAmazonでApple純正iPhone充電ケーブルとApple純正アダプタを購入したことがありますが、中国製のニセモノに当たったことはありませんので、ご安心ください。

対処法①・②の結果:バックアップできるようになった!

再度読み込みエラーが復活することもなかったので、今では安心して使えています。

純正iPhone充電ケーブル、純正iPhone充電アダプタを使わないとNG、と覚えておきましょう!

Qubii(キュービー)でバックアップできるものとできないもの

 

バックアップできるもの

  • iPhone/iPad純正アプリの写真・動画
  • iPhone/iPad純正アプリの連絡先
  • SNSに投稿した画像や動画(Instagram、Facebook、Twitter、Flickrなど)
  • iTunes Storeアプリで購入した音楽データ

バックアップできないもの

  • iPhone/iPad内のアプリ
  • iPhone/iPad内のメッセージ、メモの履歴
  • iPhone/iPad内の電話の発着信の履歴、連絡先のよく使う項目
  • iPhone/iPad内のサウンド設定やウィジェット設定
  • 保護された音楽データ
  • SDカードより容量が大きな画像・動画

ここでQubiiでバックアップできるものとできないものをわかりやすくリストにしてみました。

Qubiiでバックアップできるデータは基本的には「画像とビデオ(動画)」と覚えておくと便利です。

スマホ内のすべてのデータがバックアップできるわけではないので、iPhoneをバックアップするならiTunesを使いましょう。

Qubii(キュービー)のデメリットを4つ詳しく解説

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ
Qubii

Qubiiを1年以上使ってみて感じたデメリットが4つあります。

Qubiiはメリットばかりしか思いつかないんですが、商品というものには必ずデメリットも存在します。

そこで、実際にQubiiを使ってみて感じたQubiiのデメリットを1つずつ詳しく紹介します。

デメリット①:メモリーカードの読み込みエラーが多い

メモリーカードの読み込みエラーが多いとかなりイライラしてしまいます。

せっかく保存しようと思ったときに、保存できなかったらイライラ…

使えると思ってたものが使えなかったら、ふつうにイライラしてしまいますよね。

しかも、QUBIIって結構お値段いくので、「また買い直す?」と考えると勇気が必要です…。

とはいえ、純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使えばOKなので、必ず使うようにしましょう。

デメリット②:エラーが多いと最悪フォーマットしなくちゃいけない

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ
Qubii

Qubiiで一旦ある程度保存したSDカードをフォーマットするってかなり勇気が要ります…。

できるならフォーマットなんかしたくないですよね。

 

わたしはiPhone内に画像&ビデオが30,000個以上あったので、約14時間かかってやっとSDカードに保存できました。

それだけ時間かかったのに、SDカードをフォーマットしなきゃいけないってかなり面倒。

だって、再度保存するときはまた14時間もかかるってことですよね…。

人生の中の28時間をQubiiのために無駄遣いしてしまってる計算に。

 

とはいえ、Qubiiを保存するときは、単に接続を外す前に、アプリで「キャンセル」を押してから外すとOK!

「キャンセル」を押してから純正iPhone充電ケーブルなどの接続を外すと、接続していた時間に保存された写真やビデオはリセットされず、きちんと保存されてます。

結果、初回の保存で14時間かかった30,000枚もの写真やビデオは、数時間ごとに保存できました。

14時間ずっと継続して接続しなきゃいけないってわけではなかったんです…これ、後で気付いて愕然としました。

でも、このことがわかってよかった!

デメリット③:Qubii単品だけでは使えない、初期投資に5,000円以上かかる!

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ
Qubii専用に購入したSDカード(256GB)

Qubii単品だけでは使えないので、マイクロSDカードを購入する必要があります。

単品だけで使えるのは、カードリーダーとUSBメモリーが一体型になっている商品です。

残念ながらQubiiは、ストレージがついているわけではないので、マイクロSDカードを購入する必要があります。

マイクロSDカードの相場(2021年4月現在、Amazon調べ)

マイクロSDカード 相場価格
32GB 628円~
64GB 1,060円~
128GB 2,190円~
256GB 3,669円~
512GB 3,998円~
1024GB 4,998円~

ちなみにわたしがQubii用に準備したのは256GBのマイクロSDカードで、約4,000円ほどでAmazonで購入しました。

愛用中のiPhoneは256GBなので、同じ容量の256GBのマイクロSDカードを選択。

iPhoneの容量より少ないマイクロSDカードにすると、iPhone内のすべてのデータを保存するときに、いくつもマイクロSDカードが必要です。

紛失に悩まされたくない、いくつもマイクロSDカードを保持して「あれ?これ何のデータが入ってるんだっけ?」と迷いたくないって方は、iPhoneの容量以上のマイクロSDカードにするのがおすすめです。

 

Qubii単体で4,000~8,000円ほどなので、マイクロSDカードも購入するとかなりの出費になります。

Qubii Qubii単体価格 Qubii&128GBのマイクロSDカード
同時に買うと…
Qubii&256GBのマイクロSDカード
同時に買うと…

Qubii 3,980円~

6,170円~

7,649円~

Qubii Pro 7,480円~

9,670円~

11,149円~

Qubii Duo 7,980円~

10,170円~

11,649円~

QubiiとマイクロSDカードを同時に買うと結構な出費です。

Qubiiは充電できるというポイントを無視するなら、外付けメモリースティックもいいです。

 

とはいえ、外付けハードドライブなどを購入して使うより全然便利です。

外付けハードドライブは256GB~12TBのものが主流ですが、現時点で1TBで6,000円で購入できます。

ちょっと前までは1TBで13,000円程度だったのを比べてみると、かなり購入しやすい価格帯になりました。

価格は安くなってきましたが、使い勝手がまだまだ不便。

 

外付けハードドライブに接続するには、PCとiPhoneを接続しなければいけません。

PCとiPhoneを接続するのが面倒なんですよね。

iPhone充電ケーブルはエラーが出たり、すぐに壊れるので、接続するのが面倒になってきます。

 

その点、Qubiiは手軽に写真やビデオが保存できます。

Qubiiを使うときも純正iPhone充電ケーブル、純正iPhone充電アダプタを使うんですが、純正iPhone充電ケーブルをPCに繋げるときほどエラーが多発しないので、意外にストレスが溜まりません。

デメリット④: Qubiiの種類がたくさん出てるのでどれを買えばいいかわからない

Qubiiっていろんな種類が出ていて、どれを買えばいいのかわからないんですよね。

そこで違いをかんたんにまとめてみました。

Qubii Qubii単体価格 特徴 おすすめな方
Qubii

5,480円~
  • シリーズの中で一番安価
  • iOS用(Apple製品)
  • USB2.0規格
  • メモリストレージ容量対応:最大2TB
  • 価格重視
  • 保存スピードが遅くても気にならない
  • SDカードロック機能がなくてもOK
Qubii Pro

7,480円~
  • iOS用(Apple製品)
  • USB3.1規格
  • メモリストレージ容量対応:最大2TB
  • 保存スピードが速い
  • SDカードロック機能がなくてもOK
Qubii Duo

7,980円~
  • iOS(Apple製品)・Android両用
  • USB3.1規格
  • SDカードロック機能
  • メモリストレージ容量対応:最大2TB
  • 保存スピードが速い
  • SDカードロック機能が欲しい

メモリーストレージの対応容量は変わらないので、容量が気になる方はメモリーカードで大きめの容量を買うといいですね。

※価格に変動がある場合があります。

Qubii(キュービー)でバックアップできないものと接続できないときの対処法のまとめ

Qubiiバックアップできない時の対処法!実際にQubiiを使ってみて使いにくかったデメリット④つ
Qubiiでバックアップできないときは、かならず純正iPhone充電ケーブルと純正アダプタを使うとOKです。

 

Qubiiはデメリットも多いんですが、実際に使ってみてから感じたのは意外とストレスになっていない点です。

Qubiiの4つデメリット

  1. カード読み込みエラーが多い
  2. エラーが多いと最悪リセットしなくちゃいけない
  3. Qubii単品だけでは使えない、初期投資に5000円以上かかる!
  4. Qubiiの種類がたくさん出てるのでどれを買えばいいかわからない

一番いいなと思った点は、Qubiiで写真やビデオを保存しているという意識や意図もなく、充電するだけで勝手に保存されていくこと。

『iPhoneに写真やビデオが貯まってきたから、保存しなきゃ!』という強迫観念を意識しなくてもOKなのが気楽でいいです。

 

【関連】Maktar Qubii Duoの口コミ!充電しながら手軽にiPhone画像を自動バックアップ、楽しい思い出をいつまでも保存したい

iPhone充電ケーブルおすすめランキング

クリックでブログ内解説に飛びます⇩ 画像(クリックでAmazonに飛びます⇩) 価格
※調査時より価格変動があります
耐久性 充電速度
1位:Apple純正iPhone充電ケーブル 1.0m – 2,668円税込

0.5m – 2,668円税込

2位:Anker iPhone 充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル 940円
3位:Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル 1,390円
4位:オウルテック・2年保証超タフ充電ケーブル 1,480円
5位:オウルテック巻き取り式iPhone充電ライトニングケーブル 1,780円
6位・ActionPie iPhone 充電ケーブル 【5本セット 1/1/2/2/3M】 1,199円
7位・Amazonベーシック ライトニングケーブル ダブルナイロン編組 USB MFi認証済 iPhone充電ケーブル 974円
最新情報をチェックしよう!