直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ

直帰率の平均ってわかっていますか?

直帰率の平均を自分のサイトと比べたことがありますか?

直帰率の改善を行うときに、指標となるのが、直帰率の平均です。

各分野ごとに直帰率が違うので、自分のジャンルに合った直帰率平均と比べてみましょう。

この記事を読むとわかること

  • 「直帰率」とは?
  • 直帰率の平均値
  • 直帰率の平均値ごとの改善方法
  • 直帰率が上がる原因
  • 直帰率が下がる原因

直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ

Googleアナリティクスで確認できる数値、直帰率っていったいなんなの?

って思ってる方も多いと思います。

  • 直帰率は、ブログを見ている人が、『戻る』を押して検索エンジンの検索結果に戻ってしまう行為を、パーセンテージで表しているものです
    • 直帰率は、低いほど良い
    • 直帰率の平均は、70-80%
    • 直帰率が、極端に低すぎるとエラーの可能性があります

ブログを見てくれている人が、『戻る』を押して検索結果に戻ってしまうのは、ブログの内容や表示速度などに満足していないためです。

直帰率は、ぜひ改善した方がよいです。

この直帰率が改善されないままにしていると、Googleの評価が下がってしまいます。

せっかくGoogleの検索結果に表示されていたページも順位が落ちてしまい、結果的にPVが落ちてしまうことになります。

 

直帰率とは?

日本のサイトで直帰率の平均を調べてみましたが、ブログの直帰率の平均は70-80%でした。

【参考ページ】 直帰率の目安は? - 株式会社アーティス

 

ブログ直帰率の平均値は76.47%

直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ
ブログ直帰率平均は、76.47% 【参考】Brafton 2017 Content Marketing Benchmark Report

ブログの直帰率の平均は70-80%と、少し幅があいまいだったので、もう少し調べてみると・・・

ブログの直帰率平均は、76.47%!

【参考ページ】 Brafton 2017 Content Marketing Benchmark Report

やはりSEOの本場、アメリカのサイトで調べると信ぴょう性が増しますね。

 

直帰率によって、改善の方法が違ってくるので、一つ一つ見ていきましょう。

  • 直帰率:76.47%以上 ⇒ 全体的な直帰率の改善
  • 直帰率:76.47%以下 ⇒ 各ページの直帰率を確認し、各ページの直帰率を改善する
  • 直帰率:極端に低い ⇒ アナリティクスを確認する

 

直帰率が平均以上⇧のときの改善方法

直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ
直帰率が平均以上のときの改善方法
  • 直帰率:76.47%以上 ⇒ 全体的な直帰率の改善

ブログ全体の直帰率を、Googleアナリティクスで確認して、直帰率が平均値(76.47%)以上のページを改善していきましょう。

 

具体的な改善方法はこちら⇩

かんたんにざっくり書きました。

下の方で、さらに詳しく書いてます。

  1. 記事内容を見直し ー ユーザーの求める答えがない
  2. 記事装飾の見直し ー ユーザーの求める答えが見つけにくい
  3. 関連記事を増やす ー ユーザーが他に興味を引くページを見つけられない
  4. 内部リンクの設置 ー ユーザーが他に興味を引くページを見つけられない
  5. ページ表示スピードを上げる ー ページの表示が遅すぎる

 

また、たとえ直帰率が高くても、改善できるポイントがなければ、こんなことが考えられます⇩

ユーザーの求める答えが見つかったとしても、検索結果にもどるときもあります。ユーザーは基本的に読みたい記事、読みたい箇所だけをみて、満足して戻ってしまいます。

では、直帰率の改善の方法を、一つ一つくわしく見ていきましょう。

直帰率の改善の方法①:記事内容を見直し

検索結果から来たユーザーは、求める情報に対する答えを見つけられないと、検索結果に戻ってしまいます。

キーワードの見直しも必要ですが、キーワードで何を探しているのか、を明確にして、それを記事にする必要があります。

直帰率の改善の方法➁:記事装飾の見直し

記事内容が充実していて、ユーザーが求める答えが書かれていたとしても、文字だらけのページだと答えが見つけにくいです。

装飾(下線、ボックス、会話文など)を使って、記事を見やすくしてあげる工夫が必要です。

直帰率の改善の方法③:関連記事を増やす

ユーザーは自分が関心のある関連記事に流れる傾向が強いです。

特に、今見ているページで関連のある記事がある場合は、適切な場所に内部リンクを貼っておくと効果的です。

直帰率の改善の方法④:内部リンクの設置

記事内の内部リンクが少ないと、次にどこのページを見てよいかわからないので、検索結果に戻ってしまう可能性が高くなります。

記事内に内部リンクを増やしましょう。

記事内容に合う関連記事があれば、内部リンクを貼りましょう。

もし、記事内容に合う関連記事がなければ、今後増やしていくとよいでしょう。

直帰率の改善の方法⑤:ページ表示スピードを上げる

ページ表示速度が遅いと、ユーザーは、そのページから離れてしまう可能性が高くなります。

ページ表示スピードを確認して、パソコンユーザー・モバイルユーザーでのページ表示スピードの確認をしてみましょう。

ページ表示スピードが遅い場合は、改善するとよいでしょう。

改善方法は、画像圧縮、サーバー移行、CSSを使わない、などいろいろあります。

直帰率が平均以下⇩のときの改善方法

直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ
直帰率が平均以下のときの改善方法
  • 直帰率:76.47%以下 ⇒ 各ページの直帰率を確認し、各ページの直帰率を改善する

ブログ記事ごとの直帰率を、Googleアナリティクスで確認して、直帰率が平均値(76.47%)以上のページを改善していきましょう。

直帰率が平均値(76.47%)以下のページは、①-⑤の直帰率の改善方法がうまくいっている例です。

直帰率の平均値(76.47%)以下のページと、平均値(76.47%)以上のページが、どう違うか比較してみるのも参考になります。

 

さきほど書いた直帰率の改善方法と全く同じです。

  1. 記事内容を見直し ー ユーザーの求める答えがない
  2. 記事装飾の見直し ー ユーザーの求める答えが見つけにくい
  3. 関連記事を増やす ー ユーザーが他に興味を引くページを見つけられない
  4. 内部リンクの設置 ー ユーザーが他に興味を引くページを見つけられない
  5. ページ表示スピードを上げる ー ページの表示が遅すぎる

 

直帰率が平均より極端に低い⇩⇩ときの改善方法

直帰率が平均より極端に低い⇩⇩ときの改善方法
直帰率が平均より極端に低い⇩⇩ときの改善方法

直帰率が平均より極端に低い⇩⇩ときは、エラーの可能性が高いです。

  • 直帰率:極端に低い ⇒ アナリティクスを確認する

極端に低いとは、直帰率が0~40%の場合です。

個々のページであれば、極端な数値がみられるのは普通にありますが、全体的に直帰率が0~40%は異常です。

単純に、この数値は出ないことが多いです。

 

まず、考えられるのがアナリティクスのエラーです。

アナリティクスコードの二重挿入、または三重挿入によるダブルカウントです。

アナリティクスのコードは⇩こちらの無料サイトで調べられます。

セキュリティチェックを調べるためのサイトですが、アナリティクスのコードが入っているのを調べることができます。

実際に、このブログを含む3つのブログで、アナリティクスコードの二重挿入によるエラーが出ていました。
くわしく状況を解説しましたので、気になる方はぜひ参考になさってください。

 

直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ

直帰率の平均を調べて、自分のサイトが大きく平均以下なら、エラーを調べてみましょう。

ブログの直帰率平均は、76.47%!

 

直帰率が高い場合は、改善方法をぜひ試してみてください。

  1. 記事内容を見直し ー ユーザーの求める答えがない
  2. 記事装飾の見直し ー ユーザーの求める答えが見つけにくい
  3. 関連記事を増やす ー ユーザーが他に興味を引くページを見つけられない
  4. 内部リンクの設置 ー ユーザーが他に興味を引くページを見つけられない
  5. ページ表示スピードを上げる ー ページの表示が遅すぎる

 

直帰率の平均76.47%より、大きく離れている場合はエラーの可能性が高いです。

実際に、自分のサイトで経験したことなので、他の方も経験しているかもと思い、書いてみました。

 

ブログ収入リンク:主婦がブログで稼ぐ

1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目
4ヶ月目 5ヶ月目 6ヶ月目
7ヶ月目 8ヶ月目 9ヶ月目
10ヶ月目    

ブログ収入:アフィリエイトサービスプロバイダー

直帰率の平均は?直帰率の改善方法まとめ
最新情報をチェックしよう!