人気キーワード

TinyMCE TemplatesでWP投稿テンプレートを作ろう!記事投稿が楽になるWordPressプラグイン

記事投稿でぜひ導入したいのがプラグイン『TinyMCE Templates』です。

この『TinyMCE Templates』を使うと、記事を簡単にテンプレート化(ひな形作成)出来て、記事投稿の効率が格段に上がります。

 

例えば、⇩こんなCSSのボックスもテンプレート化して、ワンクリックで呼び出せます。

スタイルシート

 

このページでは、プラグイン『TinyMCE Templates』の使い方を簡単に画像付きで解説します。

この記事を読むとわかること:

  • プラグイン『TinyMCE Templates』を使って、記事を簡単にテンプレート化(ひな形作成)して、記事投稿の効率を上げる方法

プラグイン『TinyMCE Templates』の概要

『TinyMCE Templates』は、WordPressのビジュアルエディターでHTMLテンプレートの利用を可能にするプラグインです。

エディターのGutenbergを使っている場合は、この『TinyMCE Templates』プラグインは使えません。

必ずビジュアルエディターにしてから、『TinyMCE Templates』を使いましょう。

 

私は、Gutenbergを使っていましたが、使いにくいのと、この『TinyMCE Templates』プラグインが使えないので、今は記事投稿で主にビジュアルエディターを使っています。

⇩WPテーマCocoonを使用している方は、『旧ビジュアルエディターに変える』にGutenbergからビジュアルエディターに変える方法を解説しています。

 

ブログ運営で費用を節約するには、自己アフィリエイトをするのが一番です。

⇩くわしくはこちらに書いています。

 

【関連】 自己アフィリエイトとは?キャッシュバックで節約しよう!

 

『TinyMCE Templates』をインストールする

プラグインの『新規追加』を選んで、検索ボックスに『TinyMCE Templates』と入力し、インストールします。

 

ZIPファイルからインストールする場合は、こちらからどうぞ
【WP公式ブログ】 TinyMCE Templates

プラグインをインストールできたら、『有効』にしておこう!

インストール後、『有効』にしておきます。

 

テンプレートを新規追加・管理画面から選択

WP管理画面で、テンプレート⇒新規追加を選択します。

 

『テンプレートの新規追加』を選ぶ

『テンプレートの新規追加』画面です。ビジュアルでもテキストでも入力可能です。

 

 

テンプレート化したい内容を入力してから『公開』をクリックすると、入力した内容がテンプレートとして記録されます。

『公開』とはいっても、ブログに公開されるわけではありませんので、安心して大丈夫です。

 

テンプレート化した内容を呼び出す

WordPressの管理画面で、いつも記事投稿する時のように、『投稿』ページを開いておきます。

『投稿』ページで、テンプレート化した内容を呼び出す方法は、ビジュアルエディター上部にある『テンプレートを挿入』ボタンを押すだけ。

『テンプレートを挿入』ボタンを押す

ポップアップウィンドウが開いて、テンプレートを呼び出せます。

 

 

ドロップダウンメニューから挿入したいテンプレートを選びます。

 

『テンプレートを挿入』をクリックすると、ウィンドウが閉じて、元の投稿画面に戻ります。

 

先ほど選択したテンプレートが挿入されています。

投稿記事をテンプレート化すると時短になる!

毎回、同じような流れや構成で書く記事ってありますよね?

そういう記事をテンプレート化しておくと、毎回同じことを書かなくてもよくなるので、時短になります。

その時短できた時間で、他の事をやれば、効率が良くなります。

 

例えば、商品レビューページは、商品の概要から始まり、商品説明、細部紹介、感想、アフィリエイトリンクに終わります。

一連の流れは、ほぼ同じなので、このページをテンプレート化しておけば、サクサク記事が書けて、時短になります。

 

⇩当ブログで実際に使っている「投稿記事テンプレ」です。

投稿記事をテンプレート化しよう

一度書き上げた投稿記事をテンプレート化したい場合は、新規記事の場合は、一度『下書きとして保存』または『公開』をクリックすると、『新規テンプレートにコピー』という文字が現れて、テンプレート化できるようになります。

 

ここでは『下書きとして保存』をクリック。

 

『新規テンプレートにコピー』をクリックすると、テンプレートの『新規追加』画面に移動します。

 

登録しているテンプレートを確認する

WP管理画面からテンプレート⇒テンプレートを選択すると、登録しているテンプレートの一覧が見れます。

 

 

当ブログで使用しているテンプレート一覧です。

 

投稿記事をテンプレート化してみました。これで、効率よく記事が書けるはず。

 

TinyMCE TemplatesでWP投稿テンプレート作成のまとめ

このページでは、プラグイン『TinyMCE Templates』を使って、効率よく記事投稿ができる方法を紹介しました。

このプラグインを使うと、記事を簡単にテンプレート化(ひな形作成)出来て、記事投稿の効率が格段に上がります。

毎回同じような流れで、書くような記事はテンプレート化した方が楽です。私は、CSSもいちいち入力するのは面倒なので、テンプレート化しています。

 

⇩ブログで収入を稼ぎたいなら、アフィリエイトサービスプロバイダーに登録しましょう。

 

【関連】 アフィリエイトサービスプロバイダーとは?主婦がブログ収入!

 


当サイトで使っている順位チェックツール『GRC』

  • 順位チェックで収益化が促進!
  • SEO対策のプロも愛用
  • 月額413円(税込)から
  • ブログ収益がアップするヒント

\月額413円から。雑誌より安い!/検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC 1年契約でさらにお得なライセンスプラン

TinyMCE TemplatesでWP投稿テンプレートを作ろう!記事投稿が楽になるWordPressプラグイン
最新情報をチェックしよう!