PSE対象のモバイルバッテリーとモバイルバッテリーの安全性について

PSEってなに?

聞いたことない!

見慣れないマークが電化製品についている!

という方も多いでしょう。

そこで、家庭用電化製品についている電気用品安全法(PSEマーク)について解説します。

この記事を読むとわかること:

  • 家庭用電化製品についている電気用品安全法(PSEマーク)のことがわかる

電気用品安全法(PSEマーク)

PSEマークとは、毎日、生活で使っている照明、テレビ、エアコンなどの電化製品や、スマートフォンやモバイルバッテリーに付いているマークのことです。

2018年2月1日、経済産業省は、電気用品に関する安全法(PSE)という法律で、電化製品を厳しく規制するようになりました。

PSE対象のモバイルバッテリーとモバイルバッテリーの安全性について
特定電気用品のマーク:PSE

モバイルバッテリーのPSEマーク表示は必須

その制度にともない、2019年2月1日の改定から、日本国内でモバイルバッテリーの製造、輸入、販売を行う者は、PSEマークの付いていないモバイルバッテリーを販売することができなくなりました。

現在、国内で販売されている全てのモバイルバッテリーには、PSEマーク表示が義務付けられています。

火事、感電、火傷などの事故

家電によって、生活が楽になったり、豊かになりましたが、品質に問題があったり、使い方を間違えてしまうと、火事、感電、火傷などの事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

近年、モバイルバッテリーによる火災などの事故が増加により、2019年2月1日の改正でモバイルバッテリ―もPSEマーク表示が義務付けられ、違反行為を行った業者は処罰の対象になることになりました。

今まで売っていたPSEマーク表示がないモバイルバッテリーはどうなるの?

2019年2月以降は、PSE対象のモバイルバッテリーにマークが表示されていないと、店頭で販売することはできなくなりましたが、モバイルバッテリーの使用については、何の問題もありません。

電気用品安全法(PSE)により、メーカー、販売店を対象にした製造、輸入、販売に関する規制なので、個人で使用する分には問題はありません。

店頭に売れ残ってしまっているPSEマーク表示のない電化製品は規制の対象になります。購入する際には、PSEマークに気をつけて選びましょう。

おすすめできないモバイルバッテリーの中古品

またヤフオクやメルカリで中古品で売られているモバイルバッテリーには気をつける必要があります。ただし、PSEマーク表示がないというだけで、品質に問題がない場合もあります。

モバイルバッテリーは、経年により、バッテリー充電が消耗されてきます。消耗品ですので、長期の使用は、おすすめできません。発熱、発火の原因になることがありますので、注意が必要です。

PSE対象のモバイルバッテリーのまとめ

モバイルバッテリーは消耗品で、経年により、発熱、発火することもありますので、細心の注意を払いましょう。

安全の指標として、PSEマーク表示が義務つけられた電化製品やモバイルバッテリーが一般化しています。

  • PSEマーク表示のモバイルバッテリーの購入は気をつけましょう!
PSE対象のモバイルバッテリーとモバイルバッテリーの安全性について
最新情報をチェックしよう!