『iPhoneが熱い』は故障の原因になるかも!リスクと正しい冷まし方

iPhoneを使用していると、手がやけどする!と思うほど、本体が熱くなった経験はありませんか?

iPhoneは精密機器なので、熱いままにしておくとバッテリーの劣化や故障の原因になる可能性が高くなってしまいます。

iPhoneを長く使うために、正しい対処法を心得ておきましょう。

このページでは、iPhoneの正しい冷やし方、絶対やってはいけない冷やし方、熱くなる理由、発熱の結果おこりうる現象や対策を解説しています。

熱くなったら、どうすれば良いの?正しい冷やし方

  • 負荷をかけているアプリや動画をオフにする
  • ケースやカバーを外す
  • 充電を中止する
  • iPhoneの電源を切る
  • Bluetoothをオフにする
  • 直射日光が当たらない涼しい場所に置く
  • うちわや扇風機で涼しい風を当ててあげる

iPhoneが熱いと感じたら、使用をやめましょう。充電時は特に熱を帯びることがあります。また負荷の高いアプリを使っていると、熱くなりやすいので、気を付けましょう。ケースやカバーを付けている場合は、ケースから取り出して、熱がこもらないようにしましょう。Bluetoothがオンになっている場合、予想以上に負荷がかかっていますので、熱を持ちやすくなります。

季節的に、夏はやはりiPhoneが熱くなりやすいので、適度な時間の利用を心掛けた方が良いでしょう。

絶対やってはいけない冷やし方

故障の原因になりうる可能性が高いので、絶対しないようにしましょう。

  • 冷蔵庫で冷やす
  • アイスパックで冷やす

上記の方法で、無理やり冷やしてしまうと、本体内に結露してしまい、故障の原因になってしまいますので、自然に冷やすようにしましょう。

iPhoneが熱くなる原因

バッテリー

iPhoneの発熱には、バッテリーが大きく影響しています。バッテリーが劣化するとバッテリーの減りが早くなります。結果、充電の頻度が上がり、発熱の原因になります。充電と放電を同時に繰り返すと、バッテリーに大きな負荷をかけるため、充電しながらiPhoneを使用するのも発熱の原因になり、避けた方が良いでしょう。

iPhoneのバッテリーにはリチウムイオン電池を使用しています。リチウムイオン電池は、高温に弱く、動作に影響が出始める温度は40度ほど。

バッテリーの耐年年数は、通常2~3年ほどですが、毎日充電し、毎日長い時間使用している場合は、バッテリーの消耗は早いです。バッテリーを交換したり、確認したい場合は、Apple正規サービスやiPhone修理店に連絡することをお勧めします。

高温などの使用環境

高温の場所に置いておくとiPhoneも熱くなってしまいます。直射日光が当たったり、夏場にクーラーのないところで長時間放置するとiPhoneが熱くなります。また、iPhoneカバーやケースを付けていると熱を逃がしにくくなってしまいうので、熱くなりやすいです。

CPU

複数のアプリを同時に起動させたり、負荷の高いアプリを使用したり、長時間使用しているなどで、CPUが常時働くことで、熱を生み出します。iPhone内部から発熱し、本体が熱くなります。パソコンやゲーム機などの機器は冷却用のファンが内蔵されているので、発熱した場合は冷却してくれますが、iPhoneにはそういった冷却用のファンが内蔵されていません。iPhoneは本体の金属部分で熱を冷やしてくれる仕組みになっています。しかし、iPhoneにカバーやケースをしている場合は、熱が冷まされずに放熱の妨げになっています。

また、防水機能がついているiPhoneは、水を侵入させないための機密構造になっているので、通常のスマホよりは熱くなりやすいのです。

iPhoneのデータ量が多い

iPhone内の写真や画像、アプリが増えると、容量を圧迫します。容量が多くなると、CPUに負荷がかかってしまい、発熱の原因になる場合もあります。

発熱でなにが起こるの?発熱のリスク

iPhoneが熱くなると、どんなことが起こるのでしょうか?

  • フリーズ
  • バッテリーの劣化
  • 故障

iPhoneが熱くなるとフリーズして、機能しなくなったり、突然画面が黒くなったり、起動中のアプリが途中で使えなくなったりします。

iPhoneが熱くなったまま使用していると電池の消耗が激しくなり、劣化する速度が速くなります。

発熱しないようにするための対策

一旦、発熱がおさまったら、iPhoneの容量整理をしてみると良いでしょう。容量を圧迫しているアプリなどをチェックして、必要なければ削除したりして、iPhoneの容量を開けるようにしましょう。

また、近年のiPhoneのカメラ性能が上がったことで、写真や動画の容量も多くなってしまいます。撮りためた写真や動画が、iPhoneの容量を圧迫しているのであれば、外付けハードドライブなどに保存しておくと良いです。もしくは、iCloudやGoogle Photoなどのストレージサービスを利用する方法もあります。

関連記事

iPhoneの容量って意外と、すぐにiPhoneの容量が不足になりますよね。 『もう写真もビデオも取られない~!!』って困ったことになったことはありませんか? 特に、出先でPCに繋げられない時になどは、困ってしまいますよね? &nbs[…]

iPhoneデータをUSBケーブルでファイル転送して、写真やビデオをPCに保存する方法
関連記事

スマホ内の写真の転送先はどれが良いんでしょうか? 写真の転送先は、いろんな種類があり、機能も価格も容量もそれぞれに違います。 どれが良いのか、迷ってしまいますよね? ここでは、デジタルデータを保存するための基本的な仕組み、[…]

スマホ写真のデータ転送先はどれが良い?デジタルデータ保存の全て

まとめ

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるためには、『充電しながら使用しない』『熱いところに長時間置いておかない』『長時間の利用は避ける』などに、気を付けておくと良いです。

『iPhoneが熱い』は故障の原因になるかも!リスクと正しい冷まし方
最新情報をチェックしよう!