クラウドワークスとランサーズの手数料の徹底比較!手数料を安くしよう

クラウドワークスとランサーズで在宅ワークを始めたは良いが、稼げないと思っている方、たくさんいますよね。

仕事の単価が低いのに、手数料が高いクラウドワークスとランサーズですが、仕事の種類と案件数では国内一のフリーランスサービスです。

このページでは、実際にクラウドワークスとランサーズの手数料を検証し、いかに安く手数料を済ませられるかを紹介します。

この記事を読むとわかること:

  • 在宅ワークで有名な『クラウドワークスとランサーズ』の手数料と手数料を安くおさえるコツ

クラウドワークスとランサーズの手数料の徹底比較!

クラウドワークスとランサーズでは、ランサー(受注者)側が支払うシステム手数料が、10万円以下の仕事の場合、20%と割高です。

クラウドワークスとランサーズでは、手数料は同じなので、どちらが得かという計算勘定なく、仕事ができます。

 

⇩わたしが実際に登録して稼いでいるサービスです

仕事を探してみたい方はどうぞ

 

⇩わたしがメインで稼いでいる在宅収入のランサーズについて書いています。

かんたんなデータ入力からイラスト、記事ライターなどの仕事を在宅でやってみたいという方におすすめです。

【参考】 ランサーズ初心者が在宅ワークはじめてみる!

クラウドワークス・ランサーズの手数料

システム手数料は、ランサーズ・クラウドワークス共に同じ料金設定になっています。

仕事の報酬額 ランサーズ クラウドワークス
10万円以下 契約金額の20% 契約金額の20%
10~20万円以下 契約金額の10% 契約金額の10%
20万円超 契約金額の5% 契約金額の5%

大多数の仕事が100,000円以下ばかりなので、大口な仕事を取らない限り、システム手数料はかなりの額を取られてしまうことになります。

しかも、実績が少ない、登録したて、などの初心者のランサー(在宅ワーカー)の場合、大口案件がもらえることはほぼありませんので、ほぼ全ての仕事で、システム手数料20%が取られてしまいます。

 

⇩子育て中に在宅で稼ぐ、副業を考えているなら、クラウドワークスがおすすめです。

【参考】 クラウドワークスで初心者が稼ぐ方法はこれだ!クラウドワークスで収入を得る

WordPress記事作成のフリーランスエージェント手数料

クラウドワークスとランサーズの手数料の徹底比較!手数料を安くしよう
WordPress記事作成のフリーランスエージェント手数料

WordPressで1記事作成するのに単価1000円の仕事があり、受注すると、

システム手数料:1000円×20%=200円

システム手数料、200円が引かれて、実質800円が収入として換算されます。

現在、WordPress記事作成の単価はかなり低く、1記事あたり500~1500円位が目安ですが、単価が高いものは文字数が3000字などのものばかりです。

 

記事は、普通に日本語教育受けている人であれば、大体の人が書けるという手軽に始められるメリットがあります。

しかし、記事単価が低いので、1記事に2時間かけて書く人であれば、時給にして250~750円という計算になります。

コンビニや本屋でバイトした方がマシな時給になってしまいます。

銀行への振込手数料

ランサーズもクラウドワークスも、自分で振り込みのタイミングを決められます。ただし、報酬獲得から180日を過ぎると自動払い出しされるので注意が必要です。

ある程度の額まで、貯めておいて、180日ギリギリで払い出し申請をすると、振込手数料が節約できます。

ランサーズ クラウドワークス
楽天銀行 100円 100円
他銀行 500円 500円
楽天銀行に振込みだと、振込手数料が100円になるので、割安になります。

ただ他銀行では500円とかなり高額になっているのが、疑問です。普通に銀行で振込手数料を取られる時でも230円位なので、なぜ500円も?と思ってしまいます。

どうすればクラウドワークスとランサーズの手数料が安くなるか?

ネックなのは、システム手数料と振込手数料なんですよねー・・・。

さて、どうすれば良いんでしょう。

振込手数料を節約する

ランサーズ・クラウドワークスは、ともに自動払い戻しが180日となっています。

各月払い戻しはせずに、出来るだけ貯めておいて、180日で一気に払い戻しした方が、振込手数料を節約できます。

ただ、やはりすぐに生活費にお金が必要!という場合もあると思うので、お金に余裕のある時だけ可能な方法だと言えます。

クラウドワークスとランサーズ外で受注する

クラウドワークスとランサーズの手数料の徹底比較!手数料を安くしよう
クラウドワークスとランサーズ外で受注するー違反行為なので自己責任

いくらクラウドワークスとランサーズでシステム手数料を支払いたくないからと言って、ランサーズ・クラウドワークスを通さずに仕事をすると、違反行為になってしまいます。

もちろんクライアント側が支払いせずに逃げてしまうこともあります。

クラウドワークスとランサーズを通していないので、どこに相談することもできず、報酬の支払いが無くても、泣き寝入りするしかありません。

 

クラウドワークスとランサーズを通さずに、仕事をもちかけてくるクライアントもいます。

その場合、受けるか受けないかは自己判断です。

その違反行為がクラウドワークスとランサーズ側に発見された場合は、アカウント使用停止になってしまいますので、注意しましょう。

違反行為でアカウント停止は怖いですが、私も実際にクラウドワークスとランサーズを通さずに、仕事をしたことがあります。

一度はクライアントに報酬を払われずに逃げられました。

低額だったし、そこまで作業時間がかからなかったので、そのまま泣き寝入りしました。

まぁ、良い教訓というやつです。

という経験をしたので、高くてもクラウドワークスとランサーズを利用した方が良いのかなとは思っています。

クラウドワークスとランサーズの手数料比較のまとめ

ランサーズ・クラウドワークスの手数料は高額です。

でも、自分の身を守るためには、必要な手数料でもあります。

システム外で仕事を受注すると違反行為となります。

違反がバレるとアカウント停止となったり。

システム外の仕事で、報酬未払いの危険もあります。

 

そして、クライアントとのコネクションを作るためにはどこかで繋がらなければいけないです。

ランサーズ・クラウドワークスは、登録無料ですぐに仕事を始めれます。

⇩わたしが実際に登録して稼いでいるサービスです

仕事を探してみたい方はどうぞ

 

クラウドソーシングで稼ぐわたしが実際に稼いでいるクラウドソーシングサービスを紹介しています。

オンラインで仕事をすると、スキマ時間に仕事ができます。

家族や友人と一緒に楽しい時間を過ごしたり。

わたしが、実際に登録しているクラウドソーシングは無料で、簡単に仕事をはじめられます。

>> クラウドソーシングで稼ぐのは難しい?実は一番稼げるクラウドソーシング3選!

 

フリーランス・副業で収入を得る

クラウドワークスとランサーズの手数料の徹底比較!手数料を安くしよう
最新情報をチェックしよう!