Shortcoderの使い方:ショートコードプラグインで記事作成の効率アップ!

記事作成効率アップしたいと思っていませんか?

 

「さっきも同じこと書いたなぁ」

「また書くのか、面倒だなぁ」

などといったときに、自分でショートコードを作成できれば、記事作成の時短になりますよね。

Shortcoderプラグインを使うことで、ワードプレスのテーマ変更を考えている方でも、テーマ変更後もショートコードを使えるとても便利なプラグインです。

そこで、時短したいけど、Shortcoderプラグインの使い方が分からないという方のために、画像付きで詳しく解説します。

この記事を読むとわかること:

  • Shortcoderプラグインの使い方の簡単な使い方
  • テーマ変更時のShortcoderプラグインとSearch Regexプラグインの合わせ技で、編集作業が一瞬で終わる

『Shortcoder』で何ができるか

Shortcoderプラグインでは、いろんなものを使ったショートコードを作れます。

Shortcoderプラグインを使って作れるもの アフィリエイトリンク
リンク(テキスト・バナー)
定型文
アイコン
アプリーチリンク
テーブル(表)

これ以外にも、まだまだあるかもしれません。

また、入力した内容は、ショートコードを入力した箇所のすべてに反映されるので、各記事をそれぞれ確認する必要はありません。

内容を変更する場合も、Shortcoderプラグインのショートコードに変更を加えるだけです。

 

⇩ブログで収入を稼ぎたいなら、アフィリエイトサービスプロバイダーに登録しましょう。

 アフィリエイトサービスプロバイダーとは?主婦がブログ収入!

関連記事

ブログで収入を稼ぐことができるって知ってますか? アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)をつかって、ブログを書いて収入を得ることができます。 この記事では、ASPで稼げる仕組みと実際に現金化できたアフィリエイトサービスプロ[…]

アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)とは?仕組みと絶対登録しておきたい稼げるASP5選

 

 

一度、作ったショートコードは、プラグインを削除するまでは、ずっと使えるので、もちろんテーマ変更後も使えます。

テーマ変更をお考えの方にはおすすめのプラグインです。

テーマ変更をお考えの方は、ぜひ『Search Regexプラグイン』も取り入れましょう。

Search Regexプラグインでワードプレス記事修正が一瞬で終わる!

『Shortcoder』のインストール

WordPressの管理者画面から始めましょう。

プラグイン>新規追加>プラグインを追加(画像1)

キーワードに「Shortcoder」と入力すると、Shortcoderプラグインが表示されます。

「今すぐインストール」をクリックして、ダウンロードします。

『Shortcoder』のインストール
プラグインを追加(画像1)

プラグインのインストール方法は、Zipファイルをダウンロードして、プラグインのアップロードをすることも可能です。

WP公式からShortcoderプラグイン(外部リンク)をダウンロードする。

『Shortcoder』を有効化

Shortcoderプラグインをインストール後、「有効化」ボタンをクリックすると、Shortcoderプラグインを使えるようになります。

『Shortcoder』を有効化
『Shortcoder』を有効化

『Shortcoder』を使ってみる

WordPressの管理者画面のコメントの下に「[/] Shortcoder」が追加されています。

「有効化」しただけでは表示されない場合は、一度画面をリロードしてください。

『Shortcoder』を使ってみる
『Shortcoder』を使ってみる

『Shortcoder』は英語環境です

基本的に、Shortcoderプラグインは英語環境ですが、使い方は体感的ですので、基本的な機能を使う分には、問題ないと思います。

『Shortcoder』は英語環境です
『Shortcoder』は英語環境です

『Shortcoder』のリスト画面

『All Shortcoders』でShortcoderプラグインで作ったショートコードの一覧を見ることができます。

『Shortcoder』のリスト画面
『Shortcoder』のリスト画面

サンプル画面では、まだ一つもショートコードを作成していない状態です。

『Shortcoder』でショートコードを作ってみる

Shortcoderプラグインで、新しいショートコードを作るとき、ショートコード名は英語環境で作りましょう。

日本語のショートコード名はエラーが出るので、注意しましょう。

『Shortcoder』でショートコードを作ってみる
『Shortcoder』でショートコードを作ってみる

 

ショートコード作成画面では、ビジュアル・テキストのどちらも対応しています。

Shortcoderプラグインのテキストエディタ画面

Shortcoderプラグインのテキストエディタ画面
Shortcoderプラグインのテキストエディタ画面

 

Shortcoderプラグインのビジュアルエディタ画面

 

Shortcoderプラグインのビジュアルエディタ画面
Shortcoderプラグインのビジュアルエディタ画面

Shortcoderでショートコード名・コードを入力したら、『公開』を押して保存

『公開』を押すと、こんな画面が出てきますが、そのまま『OK』をクリックして進みます。

Shortcoderでショートコード名・コードを入力したら、『公開』を押して保存
Shortcoderでショートコード名・コードを入力したら、『公開』を押して保存

『公開』を押しても、記事として投稿されるわけではなく、Shortcoderプラグインで入力したショートコードを登録されるだけです。

 

これで、Shortcoderプラグインにショートコードが登録されました。

Shortcoderプラグインで登録したショートコードを使う

次は、さっそく、さきほどShortcoderプラグインに登録したショートコードを使ってみましょう。

Shortcoderの『Copy』ボタンで使う

『Copy』ボタンを押すと、コードがコピーされます

Shortcoderの『Copy』ボタンで使う
『Copy』ボタンを押すと、コードがコピーされます

 

『Copy』ボタンに、が表示されたら、コピーしたい場所に、コピーできます。

Shortcoderの『Copy』ボタンで使う
Shortcoderの『Copy』ボタンで使う

ウィジェットに追加したい場合は、コピペでショートコードを使いましょう。

 

ウィジェットにショートコードを入力する場合、使用中のテーマがCocoonの場合は、正常に表示されますが、THOR (トール)では正常に表示されませんでした。

Shortcoderを『投稿記事』で使う

『投稿記事』画面で使う場合には、[/]のアイコンをクリックすると、リストが表示されます。

Shortcoderを『投稿記事』で使う
Shortcoderを『投稿記事』で使う

Shortcoderのショートコードのリスト

ショートコードのリストから、使いたいショートコードを選択することができます。

Shortcoderのショートコードのリスト
Shortcoderのショートコードのリスト

 

リストから使いたいショートコードを選んでクリックします。

Shortcoderのショートコードを選択
Shortcoderのショートコードを選択

 

ショートコードが入力されました!

Shortcoderのショートコードのリスト
Shortcoderのショートコードを入力

記事を公開する前に、プレビューでShortcoderのショートコードを確認

プレビューで確認して、正常にショートコードが表示されているのを確認します。

記事を公開する前に、プレビューでShortcoderのショートコードを確認
記事を公開する前に、プレビューでShortcoderのショートコードを確認

Shortcoderで、よく出る編集エラー

Shortcoderプラグインを使っていて、よくある編集エラーはこちらです。

編集エラー <p></p>タグが勝手に挿入されていて、テキストリンクが改行されている
Font Awesomeのアイコンを登録すると、コードが消えている時がある(必ずテキストエディタで入力。入力後、ビジュアルエディタを開くと消えている時がある)
テーブルの調整が必要な時がある
投稿記事内に、ショートコードを表示させる時は、かならず『プレビュー』で確認してから、公開しましょう。

テーマ変更時のプラグイン合わせ技で、テーマ変更時の編集作業も一瞬で完了!

このページで紹介したShortcoderプラグインとSearch Regexプラグインを使うと、かなりテーマ変更時の編集作業が簡単になります。

 

Search Regexプラグインは、コードや言葉、文などを、記事内、メタ情報内で検索してくれるツールです。

  • 検索
  • 検索⇒変換
  • 検索⇒変換⇒保存

保存までやってくれるので、編集したい箇所を、1記事ごと確認して、編集する必要もありません。

テーマ変更で、Shortcoder大活躍!:私もテーマ変更しました

私は、ブログを3つ運営していて、そのうちの一つを2020年1年に、有料テーマ・THOR (トール)に変更しました。

この時に作成したエクセルシートは無料配布中です。そして、このShortcoderプラグインのおかげで、かなり作業が簡単になりました。

その時は、Search Regexプラグインは使っていなかったのですが、2つ目のブログもテーマ変更作業を徐々に進めていて、Search Regexプラグインを使いはじめました。

記事が大量にある場合、テーマ変更後の編集作業は大変になるので、ぜひ使って欲しいプラグインです(もちろん私にはなんの利益も入ってくるわけでもありません)。

Shortcoderの使い方:ショートコードプラグインで時短しよう!:まとめ

いかがでしたか?

記事作成していて、さっきも同じこと記入したなぁ。

また、同じ文、書かなきゃいけないのか?

面倒だな・・・

と思ってしまう時って必ずありますよね?

 

そういった時に、Shortcoderプラグインで作成したショートコードを使えばかなり作業効率を上げることが可能になります。

ぜひ、Shortcoderプラグインを使って、作業効率を上げて、どんどん記事を上げていきましょう!

 

ブログ運営で費用を節約するには、自己アフィリエイトをするのが一番です。

⇩くわしくはこちらに書いています。

【参考】 自己アフィリエイトとは?キャッシュバックで節約しよう!

関連記事

このページでは、『自己アフィリエイトとは?』について解説しています。 自己アフィリエイトをうまく使えば、ブログ運営に必要なサーバー代、ドメイン代、勉強用の本などの費用をキャッシュバックできます。 案件によっては、高額な自己アフィ[…]

自己アフィリエイトのおすすめ案件を紹介

 

Shortcoderの使い方:ショートコードプラグインで記事作成の効率アップ!
最新情報をチェックしよう!