Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

Ubersuggestを使うのが初めての人でもわかりやすく解説しています。

 

ブログを書いていて、キーワード選定にいいって聞くUbersuggest使ってみたい、使ってみたいけどよくわからないってありますよね。

 

わたしは、ブログで200記事近く書いてきていますが、今ではUbersuggestを使わない日は一日もありません。

記事を見直しするためのリライトのときも使っています。

 

キーワード選定で、絶対使って欲しいUbersuggestの使い方を画像付きでわかりやすく解説します。

 

この記事を読むとわかること:

  • Ubersuggestの使い方がわかる
  • キーワード選定を効率的にできる

Ubersuggestの使い方:初心者でもわかりやすく解説します

Ubersuggestで、こんなことができる!

  1. キーワード検索
  2. UbersuggestでGoogle登録するとアクセス解析できる
  3. Google登録でキーワードのランキング順位をトラッキング
  4. サイト解析ができる⇒自サイトでも、他サイトでもOK

 

⇩公式サイトはこちら

【公式】 https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

 

⇩Ubersuggestの有料化にともない、毎月1000円でオプション機能が使えるようになりました。

その他のキーワード選定に使いたいサイトも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 Ubersuggest有料化!無料で使える機能はどれ?Ubersuggestの使い方解説

関連記事

Ubersuggestをキーワード検索ツール使っている方も多いでしょう。 でも、残念なことにUbersuggestが2020年2月から有料化されてしまいました。 せっかく使ってたのに、有料になるなんて・・・ さらに、202[…]

Ubersuggest有料化!無料で使える機能はどれ?Ubersuggestの使い方解説

 

Ubersuggestの使い方:キーワード検索

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
Ubersuggestの使い方:キーワード検索【概要】

左のサイドバーのUbersuggestのすぐ下の【概要】を押すと、キーワード検索できます。

この時、検索対象言語/国を『日本語/日本』と設定しておきましょう。

ドロップダウンメニューで出てきますが、選んでいると永遠に出てこないことがあるので...手動で『日本』と入力しましょう。

この国名を正しく設定しておかないと、正確な数値が出てきません。

Ubersuggest【概要】:キーワードを入力

気になるキーワードを入力して、検索することができます。

 

また、気になるサイトURLも入力することもできます。

サイトURLで出てくる情報は、また後の方でくわしく書いています⇩

 

キーワードに関する補足説明です。

この前提を理解した上で、この先の話を進めていきます。

  • ビッグキーワード ⇒ SEO
  • ミドルテールキーワード ⇒ SEO 対策
  • ロングテールキーワード ⇒ SEO 対策 やり方

 

Ubersuggestで表示される内容は⇩

【キーワード概要】

【キーワード候補】

【コンテンツ候補】

 

今回は『SEO 対策』(ミドルテール)のキーワードを入力しました⇩

1ページで長く表示され出てきます。

 

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
【キーワード概要】
Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
【キーワード候補】
Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
【コンテンツ候補】

Ubersuggest:キーワード候補

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
Ubersuggest:キーワード候補

 

キーワード候補画面の左の枠には、『SEO 対策』の関連キーワードが、検索ボリュームが高い順に並んでいます。

Ubersuggestのキーワード候補画面の見方
  • キーワードーGoogle検索窓に入力する言葉。
  • VOLー1ヶ月間の検索ボリューム。
  • CPCーGoogle広告のクリック単価。クリック単価が高いほどキーワードの価値が高い。
  • PDー有料検索の競合数値。数値が高いほど競合サイトが強く競争が激しい
  • SDーオーガニック検索の競合数値。数値が高いほど競合サイトが強く競争が激しい

 

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
Ubersuggest:キーワード候補

 

⇧赤で囲ったところが、緑(SDーオーガニック検索の競合数値が40未満)のキーワードです。

また、キーワードリストをCSVでダウンロードすることができます。(無料)

 

⇩緑になっているキーワードは比較的狙いやすいのですが、『SEO 対策』では・・・

 

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

 

キーワード候補画面の右の枠には、『SEO 対策』でGoogle上位表示されているURLが表示されています。

URLはリンクになっているので、実際に該当URLに飛んで、確認することができます。

競合サイトをチェックする上で、とても便利なので、利用するとよいでしょう。

 

また、Ubersuggestの無料アカウントで、この競合URLリストをCSVで出力することはできません。

※Ubersuggestの有料アカウントは月額2,999円です。

【参考】Ubersuggest有料化!無料で使える機能はどれ?Ubersuggestの使い方解説

 

上位10位までは、流入見込み、被リンク数、ドメインスコア(DS)、SNSシェアが表示されています。

⇩それぞれの数値の意味です。

  • 流入見込み ー 月ごとに検索結果から流入しているアクセス数の予想。過去の結果から予想された数値です。
  • 被リンク数 ー この特定のページの被リンク数。この数値が大きければ大きいほど競合性が高い。
  • ドメインスコア(DS) ー ドメイン全体の競合性を示す数値。この数値が大きければ大きいほど競合性が高い。
  • SNSシェア ー 該当URLがFacebook、PinterestなどのSNSでシェアされている数

 

 

ドメインスコア(DS)について、すこし補足説明します。

個人で、長期運営しているサイトは、40-70の高い数値を出しているものもあります。

キーワード選定では、この数値が40未満のものであれば、比較的狙いやすいキーワードになります。

まだ自分のブログのドメインスコアが高くない場合、ドメインスコア(DS)が40以下のブログが上位を占めているキーワードを狙うのがよいです。

 

もし、ドメインスコア(DS)が高いサイトが上位10位を独占しているようなら、違うキーワードを狙った方がよいでしょう。

ということで、わたしなら、『SEO 対策』のキーワードでは狙いません。

キーワードをずらすか、ロングテールキーワードで狙います。

ロングテールキーワードを狙う場合は、矢印マーク(⇒)を確認していきましょう。

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

Ubersuggestは細かい検索ボリュームが出る!

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
Googleキーワードプランナー・検索ボリュームがおおまか

多くの人が利用しているGoogleキーワードプランナーですが、欠点があります。

それは、有料でないと検索ボリュームが細かく表示されないという点です。

Ubersuggestは、無料でも細かい検索ボリュームが細かく表示されます。

 

Ubersuggestは・・・
『SEO 対策』⇒22200

Googleキーワードプランナーは・・・
『SEO 対策』⇒1万~10万 (10,000~100,000)

 

どちらを使った方がよい?という質問があるかと思いますが、わたしはどちらも使っています。

Ubersuggest:コンテンツ候補

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

『SEO 対策』のキーワードでGoogle上位表示されているURLが表示されています。

流入見込みは、正確な情報ではないのか、数値が0になっていることが多いので、それほど気にする必要はありません。

ただし、表示順位は、Google検索結果の順位になっているので、競合サイトをチェックするときに、便利です。

Ubersuggestの使い方:Google登録するとアクセス解析できる

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

 

Ubersuggestの使い方でかならずしておきたいのが、ブログのURL登録で個別に分析ができる機能です。

ブログを運営している人なら、もうGoogle AnalyticsとGoogle Search Consoleは使ってますよね。

Googleアカウント登録するだけで、Ubersuggestと連携ができます。

Ubersuggestで、Google AnalyticsとGoogle Search Consoleでログインすることができ、アクセス解析を見れます。

もしブログを複数運営している場合は、複数のブログのアクセス解析を一度にみることができて、非常に便利です。

 

もちろん、登録するのは、無料です。

Ubersuggestの有料サービスとは別物です。

 

ただし、数値がたまにおかしいことがあるので、あまり参考にすることもありません。。。

トラフィックが異常に低いです。あきらかに変。

トラフィックは参考にできませんが、流入してきているキーワードを確認できるので、たまに確認しています。

Ubersuggestはサイト解析ができる

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

こちらはブログ、YouTube、Twitterで有名なマナブさんが運営されているブログです。

 https://manablog.org/

 

こんな感じでUbersuggestでは、自サイトでも、他サイトでもサイト解析ができます。

 

 

Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します

 

実際に、このドメインに流入しているキーワードがわかるので、とても参考になります。

まとめ:Ubersuggestの使い方:初心者でもわかりやすく解説します

キーワード選定を効率的に行うには、Ubersuggestの使い方を知ることが一番です。

Googleキーワードプランナーでは、検索ボリュームが細かく出ませんが、Ubersuggestだと細かい数値を見ることができるので、より正確にキーワード選定ができます。

無料プランでも十分使えますので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

⇩わたしが毎日使っているキーワード選定ツールです。すべて無料です。

 

GRC は無料で使える上に、気に入った場合、有料にしても月額450円と手ごろで、非常におすすめです。 GRCの料金を調べて自分に合ったサービスを選んで、ブログで副収入を得る方法を詳しく解説しています。

【関連記事】

関連記事

キーワード検索順位ツールのGRCは、無料でも使えます。 有料で使うと使えるサービスがさらに増えます。 ブログを書いていると、Googleの検索順位気になりますよね?   でも、GRCは無料だと使用制限があり[…]

GRCの料金設定が知りたい!ライセンス?買取?節約する方法はあるの?
Ubersuggestの使い方を初めて使う人でもわかりやすく解説します
最新情報をチェックしよう!