簡単なads.txtの作成と設置方法を解説します!

Google Adsenseをブログに貼っている方は、見かけたことのある警告文。

要注意ーads.txtファイルが含まれていないブログがあります。収入に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

困った事に、この警告文を消すための手順を踏んで、正しくads.txtファイルを設置しないと、『収入に重大な影響が出ないよう』なんて、脅し文句まで含まれています。

このページでは、この警告文を消すための手順として、ads.txtファイルの簡単な作成、設置方法を紹介しています。

この記事を読むとわかること:

  • Google Adsenseのads.txtファイルの警告文を消すための手順、ads.txtファイルの簡単な作成、設置方法がわかる

ads.txtファイルの作成

ads.txtファイルは、⇩下記の内容が書かれているだけのテキストファイルです。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

赤字の部分を、自分のブログ固有の数字列に置き換えるだけです。

Windowsパソコンにアクセサリとして搭載されている『テキストエディタ』を使ったり、GitHubが開発したオープンソースのテキストエディタ『Atom』を使うことで、ads.txtファイルを作成することができます。

公式ブログ テキストエディタ『Atom』: https://atom.io/

ads.txtファイルの要素を個別に解説

個別に解説すると⇩以下のようになります。

google.com
広告を
出している会社

pub-0000000000000000
数字列はあなたの
ブログ運営者 ID

DIRECT

f08c47fec0942fa0
Google社固有の
文字列

赤字の部分を、あなたのブログ運営者ID(固有の文字列)に置き換えるだけです。

この文字列は、Google Adsenseのブログの『アカウント情報』を確認するとすぐに分かりますが、Google Adsenseからのメールにも記載されています。

Google Adsenseの『アカウント情報』を確認する方法

Google Adsenseにログインして、『設定』の『アカウント情報』を選択すると下記の情報が表示されます。

  • ブログ情報
  • お客様ID
  • タイムゾーン
  • 有効なプロダクト
  • アカウントのステータス

 

ads.txtファイルの設置

ファイルアップローダーソフトを使用するか、利用中のサーバーのアップローダーを使えば、簡単に設置できます。

作成したads.txtファイルを、WPを置いているフォルダに送るだけです。

設置後のads.txtファイルの確認方法

無事に送れたかどうか不安になりますが、送れたかどうか簡単に確認する方法があります。

設置後のads.txtファイルを確認する方法は、実際にページを表示してみることです。

例えば、ブログのアドレスが
https://sample.com/
であれば、下記のようにブログアドレスにads.txtを加えると、実際にアップロードしたads.txtファイルが確認できます。

https://sample.com/ads.txt

まとめ

この警告文は、『収入に重大な影響が出ないよう』なんて脅し文句が含まれていると、ドキドキしてしまいますが、実は、『ads.txtファイルを設置した方が良い』というだけで、必ずしも設置しなくても良いんです。

ただし、Google Adsenseに推奨されているので、近い未来に必須になるかもしれません。

簡単なads.txtの作成と設置方法を解説します!
最新情報をチェックしよう!